サービス紹介

インフォブリッジHOMEサービス紹介インド市場調査インドの消費者調査

インドの消費者調査

定量調査

調査手法

インド国内にある8つの拠点を通じ、各種定量調査をインド全土で実施することが可能です。

  • 訪問面接調査(家庭訪問、事業所訪問)
  • CLT(セントラルロケーションテスト)
  • 電話調査
  • インターネット調査(一部都市)

インドでの定量調査の特徴

  • オフライン調査が中心です。
  • プレリクルートでの訪問調査が一般的で、事務所や家庭へ訪問するケースが多いです。
  • インターネットリサーチは、日本のように管理されたパネルを属性情報も含めて保有している会社が非常に少ないのが現状です。
  • インターネットユーザーは増えてはいるものの、特定層に限られます(中間層以上の若年層、ホワイトカラー等)。
  • パーソナルインタビューからグループインタビューまで対応いたします。
  • インタビューは、家庭訪問、オフィス訪問、会場利用いずれも可能です。
    会場利用につきましては、日本のようなミラーファシリティを備えたインタビュールームが少ないため、ホテルなどの貸会議室を借りるのが一般的です(別室でのモニター視聴)。

定性調査

調査手法

各種定性調査手法をインド全土で実施することが可能です。

  • グループインタビュー
  • デプスインタビュー

インドでの定性調査の特徴

  • パーソナルインタビューからグループインタビューまで対応は可能
  • インタビューは、家庭訪問、オフィス訪問、会場利用いずれも可。
    日本のようなミラーファシリティを備えたインタビュールームは少ないため、ホテルなどの貸会議室を借りることも多い(別室でモニターでの視聴)。

定量調査・定性調査の流れ

調査ニーズのヒアリング調査方法・内容の決定、調査対象者の抽出、調査票の作成、実査(フィールドワーク)、データプロセッシング、集計、調査報告書の作成

エスノグラフィ

エスノグラフィとは、消費者のありのままの生活を観察し、探究する調査方法です。
インタビューで行われる定量調査や定性調査だけでは聞き出せない、生活者の実態を把握することができます。

  • 家庭訪問調査
  • 生活同行調査

調査テーマ 自社製品のターゲットとなる消費者像を知る
お客様の課題
  • 複雑な社会階層の中で、自社製品のターゲットとなる消費者がどの階層に属するかわからない
  • 販売代理店やセールスレップなど、どのように開拓するのかわからない
調査の流れ
  1. ターゲットとなる市場構造をデスクリサーチ及び業界関係者へのヒアリングを通じて把握
  2. 調査結果を元に当該製品に最適な販売網構築戦略を策定
  3. 同市場に強い販売代理店やセールスレップをリストアップ及びアプローチ

インド・中国・アジアに関する調査・ビジネスサポートはインフォブリッジへ ご相談・お見積りなどお気軽にお問い合せ下さい。

お電話・メールでのお問い合せはこちら

PAGETOP